キラキラ輝く.com
40代ママ身体も心もお部屋もキラキラ輝き続けるために
ボディー

冬の食器洗いお湯を使いたいけど手荒れが心配なら、手袋ホットパックがおすすめ

こんにちはシトリンです。

主婦のお悩みの一つに手荒れがあります。

特に冬場の食器洗いが大きな原因です。

対策はしてますか?

本日は、冬場の食器洗いが楽しくなる、手袋ホットパックをおすすめします。

食器洗いをするだけで、まるでエステに行ったかのようにスベスベな手に!

 

冬の食器洗いによる手荒れ対策

毎日の食器洗いで手荒れはしてませんか?

 

冬は水道の水も冷たいし、油も水ではよく落ちないし、お湯で洗いたいですよね?

シトリン
シトリン
でも、お湯洗いは手荒れに大敵!

 

もちろん食洗機を使うのが一番荒れませんが、

鍋や食洗機には入れられないもの、食洗機を使うまでもない量の場合など、

なんだかんだで手洗いもしますよね。

 

少しだからとお湯で洗ったら、

水分が奪われてカサカサに!

ひどい人はひび割れてアカギレになることも!

そうなる前に対策しましょう。

食器洗いの手荒れ対策

  • ゴム手袋をする
  • ベール(膜)を作る為にハンドクリームを塗ってから洗う
  • 手肌に優しい食器洗剤を使う
  • しょうがないので水で洗う
  • なるべく汚れを拭き取ってからささっと洗う
  • 手に水がついた時は必ず一滴残さずタオルで拭く
  • 水仕事の後にハンドクリームを塗る

などなど、、、

 

そう色々と対策方法はあります。

その中でも必ずした方がいいのはゴム手袋です。

ゴム手袋を必ずしましょう

シトリン
シトリン
少しの量の時でも必ずゴム手袋をするのが大事!

冬は一回の油断であっという間に手荒れに。

 

食器用洗剤の界面活性剤は汚れや油を引き離すために配合されていますが、同時に手肌の皮脂も奪い取ってしまいます。

なのでゴム手袋は必須です。

 

ただ、

「ゴム手袋が面倒」だったり、「汗をかいて中が不衛生になるので苦手」

という方も多いようです。

でも大丈夫!

ホットパック方式なら問題解決ですよ。

 

手荒れ知らずの手袋ホットパックがおすすめ

食器洗い面倒ですし、退屈だし、次から次へと終わらないし、、、

主婦にとっては大変な家事の一つですよね。

そんな嫌な食器洗いですが、

今日から食器洗いの時間を自宅エステの時間に変えちゃいましょう!

モチベーション一つで家事って進むものです。

 

シトリン
シトリン
おすすめは手袋ホットパック

手袋ホットパックの方法

必要なものは3つ

  • ハンドクリーム
  • 綿の下ばき用手袋
  • ゴム手袋

 

手袋ホットパックの手順

  1. ハンドクリームを塗る
  2. 綿の手袋(インナー手袋)をはめる
  3. ゴム手袋をはめる
  4. 45度以上の熱湯で食器を洗う

まずは

1、ハンドクリームを塗る

お気に入りのハンドクリームをたっぷりと塗ってください。

画像準備中

せっかくなら、ハンドクリームは天然の香りで、品質のがいいものを選びたいですね。

次に用意するのは

2、綿の下ばき用手袋(インナー手袋)

敏感肌のための下ばき用手袋という商品名でダンロップホームプロダクツの商品です。

こちらはあまりスーパーで見かけないのでAmazonでの購入がおすすめです。

炊事用に考えられているので、少し長めになっていてゴム手袋の下にはめていても、もたつかずに快適です。

Amazonの売り場へ

この手袋のおかげでハンドクリームがベタベタとゴム手袋の内側に付くのを防ぎ、

いつでも気軽に洗えるので、清潔!

ゴム手袋も保つ事ができます。

 

そしてゴム手袋だけだと熱い温水でもインナー手袋をしているおかげで50度くらいの高温で洗う事ができます。

 

3、ゴム手袋

ゴム手袋はなるべく大きすぎず、小さすぎない物で、肘下あたりまでくるものがベスト!

途中で取れてしまったり、作業がしにくかったり、水が入り込んだりしてはストレスです。

この写真では、下にインナー手袋をはめている状態です。

うっすら見えますでしょうか?

 

ファミリー
ハンドフルール ビニール 手袋 炊事・掃除用 キッチン M ソレイユイエロー

これ、私が長年愛用しているゴム手袋なのですが、実はゴム製ではなくビニール製

Amazonで購入 

 

ゴム独特の匂いが苦手な方におすすめです。

ただし、60度以上の高温には対応してません。

また、冷たい水の時は硬くなりますので使いづらいこともあります。

 

綿のインナー手袋をはめる理由

この手袋ホットパックで大事なのは綿のフィットするインナー手袋です。

  • ハンドクリームのベタベタが直接ゴム手袋につかない
  • 手袋の中が蒸れにくく、ゴム手袋が清潔に使える
  • 木綿の手袋は気軽に洗濯機で洗える
  • 熱湯でも熱くない

 

シトリン
シトリン
高温のお湯で洗う事で、ハンドクリームの有効成分が浸透しやすくホットパックになるの

もちろんお皿の油汚れも簡単に落ちます。

 

食器洗いを終えて、手袋を外してみると

血色の良いまるでエステに行ったかのような手が(^-^)/

 

まとめ

手袋ホットパックぜひこの冬やってみてください。

 

今までゴム手袋をして食器洗いをされている方は多いと思いますが、一度木綿の手袋をインナーにしてみるとその快適さを実感すると思います。

お掃除の時のゴム手袋をはめるときにもおすすめです。

 

また、熱湯で洗うので強い洗剤は使わなくてすみますので、地球環境にも優しいですね。

ただし、高温の設定のままにしておくと次にうっかり使うときにやげどするといけませんので、給湯器の設定を必ずやけどをしない温度に下げておきましょう。

 

そして、ホットパックでさらにモチベーションをあげるなら、お気に入りのハンドクリームが必要ですね。

今年の冬はこれで手荒れ知らずですよ。